• 免許が失効となる場合

    せっかく運転免許を取得したのにも関わらずにその免許が失効となる場合があります。

    まず第一は運転違反による免許の取り消しです。大きな事故、度重なる交通違反などの理由により運転免許が取り消しになるというのは、運手免許を
    持ってる者にとってもっとも厳しいペナルティですが、事故を起こしてしまった過失、または交通違反を繰り返した自身の運転技術の未熟さや
    道路交通法を守れないというルール違反を繰り返しているのですから、これは仕方のない事です。

    自動車を運転するという事は時として大きな事故を起こしてしまう可能性のある事です。その事故により事故の相手、またはその家族、そして自分自身
    にとっても取り返しのつかない自体を起こしてしまうのですが、運転する時にはそうした事をしっかりと踏まえて安全運手を心がけなければなりません。

    そうした事ができずに、ルール違反をしたのですから、免許が失効になったとしても仕方のない事で、心を入れ替えて、また一からスタートするべきです。

    そんなルール違反とは違い、ついうっかりとした事で免許が失効されてしまう事もあります。
    それは免許の書き換えを忘れてしまった時です。

    現在、初めて自動車免許を取得した人の免許証の色は「緑色」、そしてその次には「青色」となっており、長期間無事故無違反の人に与えられるのが「ゴールド免許」です。
    緑色・青色の免許の更新は3年、ゴールド免許の更新は5年と定められています。
    更新時期はそれぞれ免許証に記載されているので、忘れるはずがないと思いがちですが、日常の生活の中で免許証を見るという機会はそれほどある訳ではありません。
    ましてゴールド免許では5年という長期間、更新をしなくて良いわけですので、ついうっかりという事も起きてきます。
    またゴールド免許ではなく青・緑といった免許の人には若い世代の人が多いですので、若いからといって安心する事はできずに、若いからこそ日々の忙しさでついうっかりという
    事にもなりかねないのです。

    免許の更新時期から1年以内の期間に気付く事ができれば、講習などを受ける事で再発行が可能となりますが、特別な理由がないまま1年が経過した場合には残念ながら、
    免許が失効となり、また教習所から始めなければなりません。

    そのような人は日々の生活の中で自動車を運転している頻度が高い人が多いと思われますので、一日も早く再び免許を取得したいと考えるはずです。
    そうした場合に、短期間で免許を取得する事ができる合宿免許というのが、年代を問わずに多く利用されています。